imageMagickの使い方

imageMagickの使い方

ここでは、LinuxでのimageMagickの使い方を紹介します。

インストール

yum install imagemagick

画像をリサイズする

1600px×1066px ⇒ 320px×213px

/bin/convert -define jpeg:size=320x213 ¥
 -auto-orient ¥
 -thumbnail 320x213! ¥
 before.png thumbnail_after.png
#サイズの指定
-define jpeg:size=サイズ(widthxheight)

#画像の回転を自動で認識させる
-auto-orient

#リサイズを指定
-thumbnail

画像を回転させる。90度回転

/bin/convert -rotate 90 before.png rotate_after.png
#回転角度を指定
-rotate

画像を切り抜く

/bin/convert -crop 320x200+100+300 before.png crop_after.png
#サイズ(widthxheight)+座標(+x+y)
-chop

before.png

crop_after.png

画像を重ねる

/bin/convert -define jpeg:size=320x213 ¥
 -size 320x213 xc:none
 background.png -composite ¥
 front.png -composite ¥
 composite_after.png
#サイズ指定
-size

#結合
-composite

#背景無し
xc:none

background.png

front.png

composite_after.pn

画像を重ねる(位置指定)

/bin/convert -define jpeg:size=320x213 ¥
 -size 320x213 xc:none ¥
 -auto-orient ¥
 background.png -geometry +0+0 -composite ¥
 front.png -geometry +50+100 -composite ¥
 composite_after2.png
#座標を指定
-geometry

画像に文字を書く

/bin/convert -pointsize 50 -fill "#FFFFFF" -gravity Center ¥
 -annotate +0+30 "Hello" background.png text_after.png
#フォントサイズ
-pointsize

#フォントカラー
-fill

#フォントの位置 Left Center Right
-gravity

#フォントの位置の調整 座標(+x+y)
-annotate

リサイズ、回転、切り抜きをまとめて行う

/bin/convert -define jpeg:size=320x213 -auto-orient ¥
 -thumbnail 320x213! ¥
 -rotate 90 ¥
 -crop 200x200+50+50 ¥
 before.png after.png
-define jpeg:size=サイズ(widthxheight) を指定すると速度が速くなる。
-auto-orient をつけると画像の回転を自動判定してくれる。