MariaDBをLinux(CentOS7)にインストールする方法

MariaDBをLinux(CentOS7)にインストールする方法

MariaDB(マリアディービー)とは、MySQLから派生したリレーショナルデータベースシステムです。操作は、MySQLとほとんど変わりません。
ここでは、MariaDBをLinux(CentOS7)にインストールする方法を紹介します。

yumコマンドを使ってインストールします

yum install mariadb-server

「Y/N」の確認が出たらYを入力し、Enterを押して進めます。
「Complete」が出たらインストール成功です。

MariaDBを起動します

起動する。

systemctl start mariadb

起動したかは、psコマンドで確認します。MariaDBのプロセスがあれば起動していることがわかります。

ps -ef | grep mariadb

下記のコマンドで自動起動の設定もしておきます。

systemctl enable mariadb

初期設定を行います

下記のコマンドで質問形式で設定ができます。

mysql_secure_installation

実行すると下記のメッセージで止まりますので、何も入力しないでエンターを押します。

Enter current password for root (enter for none):

パスワードを設定します。Yを入力してエンターを押します。

Set root password? [Y/n]

rootのパスワードの設定を行います。パスワードを入力してエンターを押します。確認も表示されますので、同じパスワードを入力してエンターを押します。

New password:
Re-enter new password:

その後にいくつかの[Y/n]が出てきますが、全てをYにして進めます。
最後に下記のメッセージが表示されたら初期設定が完了です。

Thanks for using MariaDB!

MariaDBを再起動します

systemctl restart mariadb

動作確認をします

先ほど、設定したrootのパスワードでログインできれば成功です。

mysql -u root -p